就活生が合同説明会に参加する目的

就活生が合同説明会に参加する目的

就活生が合同説明会に参加する本来の目的は、より多くの企業の情報に接することで就職先の選択肢を増やすことです。

合同説明会は多数の企業が1つの場所に集結して就活生を集め、企業の存在と活動を知ってもらうために行われます。


就活生に興味を持ってもらうことが本来の趣旨なので必ずしも参加が求められるわけではありません。

しかし就活生は合同説明会に参加することで人事担当者と直接交流し、その企業の雰囲気や職場環境などの重要な情報を得ることができます。
情報の収集が本来の目的である合同説明会には、実はさらに重要な役割があります。

それは就活生が抱く熱意を企業に直接伝える場としての役割です。

一般的な日本企業の新規採用者の選考は毎年12月から始まります。

合同説明会など様々なイベントが開催されるのも12月から2月の間です。

3月には求人の応募が始まり、8月に選考の本番となります。



そして10月にようやく内定が決定するのです。

求人の応募が始まる前の12月から2月にかけての時期も就活生にとっては重要となります。

説明会や懇談会などのイベントに可能な限り出席することで、企業に対する熱意をアピールすることができます。



合同の説明会の場合には参加が任意ですが、企業との直接的な交流の場として欠かすことのできない存在です。



就活生が合同の説明会に参加する目的は情報収集に加えて、企業に対し熱意を伝えることでその後の選考を有利にすることにあります。